スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最後のごきアワの後は
2010年12月28日 (火) | 編集 |
今年の4月から担当している
「ごきげんアワー」

年内は今日がラストでした

皆さんからの「お疲れ様」メッセージ
どうもありがとうございました


はぁ~終わったぁ~と思ってみたものの
次のオンエアーは来週の(火)

ふつうじゃん

いえいえ普通じゃありませんよ!
1月4日は公開放送でスタートです

新しい年もどうぞよろしくお願いいたします



今日の放送後

私はこの女性と一緒に過ごしました
2010122813300000.jpg
久々にブログ登場!私の心の恋人内藤ディレクター


元旦放送の特別番組に着るお着物を選びに行きました

ファッションセンスも、食べっぷりも素晴らしい内藤ちゃんが
私のために選んでくれた着物がこちらです
2010122814120000.jpg
う~んゴージャス!!テレビ映えなども考慮してくれました


よし!!
この着物を着てバシッとがんばるぞ~

2011年元旦。
早朝6時~8時24分。
「The新潟スペシャル 元旦おめでとう特番!
  一挙に見せます 注目のB級グルメ」


ナビゲーターは喜谷知純アナと伊勢
ゲストは三田村邦彦さん
りんりんちゃんのおもしろ中継もありますよ


元旦は早起きして
元気な一年を一緒にむかえましょ


今日も一日
どうもありがとうございました
スポンサーサイト
 えぇ!?塩沢米の挑戦!! 
2010年12月27日 (月) | 編集 |
言わずと知れた日本一の米

魚沼産コシヒカリ


今日はThe新潟スペシャルの取材で
塩沢のお米の取材でした



塩沢と言えば今年
商店街の景観を一気に生まれ変わらせた
県内でも注目のスポット


驚いたのは
寒い冬の塩沢に関東から大勢の観光客が!!

2010122711120000.jpg
観光バスが何台も来ていました
30日までドンドコ団体客が来るそうです


街並みを変える前の商店街では
全く考えられなかったことです。


2010122711010000.jpg
「越光玄米蔵」(こしひかりげんまいぐら)の店内。



「私達の地元には魚沼産コシヒカリという
  全国に名の知れた一級品も、
 塩沢紬という伝統ある一級品もある。」


まちおこし仕掛け人の宮田さんは続けます。

「こんなに恵まれているところはない。
 これらをもっと真面目に追求するべき。」

私は・・・・
まちおこしには
その土地その土地によって
様々な考え方や手法があり

「正解」は無いものだと思っています。


塩沢は塩沢のやり方で
着実に歩を進めている

今日はそんな風に感じました。

2010122715150001.jpg
玄米蔵で、面白い展開がありました


白米は確かに美味。

さらに米を追求し広く広めるため
今、塩沢の皆さんが挑戦しているのが

なんと 


「玄米」


玄米での新メニューを来年のイベントに向け
飲食店の方々一丸となって開発中

ひとつだけご紹介しちゃいます
2010122713580000.jpg
玄米の粉を使った たい焼きえぇぇぇ

中のあんにも工夫があって
食べるのが楽しくて楽しくて


他にもギョウザや寿司、
ラーメン、うどん、そば、
天ぷら、どんぶり、スープなどなど


皆さんの気合がメラメラと感じられる
食べて元気になれる玄米料理ばかりで
ほんっとに楽しくなっちゃいました
2010122715340000.jpg
ご協力いただいた塩沢の皆様!どうもありがとうございました
笑いあり、本気トークありの塩沢編

どうぞご期待ください

先日の麻布「分とく山」編と同じく
1月19日(水)
夜7時~BSNテレビで放送します





明日は今年最後のごきげんアワー

心をこめて放送いたします

 分とく山 の取材(^^)
2010年12月23日 (木) | 編集 |
1月19日(水)のThe新潟スペシャル
「新潟ブランドごはん大作戦」



新潟の加茂市で作られている米
「伝」(でん)をご存知ですか?
2010122213130000.jpg
「伝」を育てる萱森教之さん


手間もコストも情熱も人一倍かけられ
「米職人」が育て上げたコシヒカリです


この米を6年前から使い続けているのが
麻布にある高級和食店のこちら
2010122211470000.jpg
ブロックを積み重ねたようなモダンな外観

2010122211470001.jpg
「分とく山」(わけとくやま)


こちらは
テレビや書籍などでも大変有名な
2010122213120000.jpg
(左)野崎洋光さんのお店です



野崎さんは「伝」を土鍋で
丁寧にじっくり炊きます。


私が昨日いただいたのは
2010122213220000.jpg
「鯛赤飯」
これが凄いんです!!
一流の米が一流の料理人の腕にかかると
こんなにも気品高く至福の味になるのかと
驚かずにはいられませんでした


野崎さんは初めて伝を食べたとき
  
「これが本当の米の味だ」
すぐその場でお弟子さんたちに食べさせたそうです。


毎年全国各地から
10種類以上の米が野崎さんの元に届き、
全てを食べ比べて その年使う米を決める。


勝ち続けている萱森さんの米が
いかに高いレベルで評価されているかが
わかります



ひとつショックだったことがあります。

「新潟のお米」というブランド価値は
実はもう全国の米業界ではそれほど高くないそうです


「誰が、どんな手法で作ったのか」
「本当に安心安全なのか」

県外では「打倒新潟コシヒカリ」!!と
どんどんレベルを上げ
世に出てきているそうです。


TPPはどうなるのか。
農業圏新潟はどうなっていくのか。


美味しいものに感動し
さらに考えさせられる取材でした



野崎さんという大物取材に緊張し続けた
吉井ディレクター
2010122216120001.jpg
店を出た後にようやく戻ったこの笑顔


2010122216120000.jpg
東京の女性カメラマンと音声さん!
本当にお世話になりました



番組では
「分とく山」の素晴らしいお料理も
野崎さん「究極の一膳」もインタも
まだまだご紹介します


是非!1月19日(水)
ご覧になってくださ~い








 麻布取材!
2010年12月23日 (木) | 編集 |
取材させていただけたこと。
光栄でした。

分とく山の取材。
かなり刺激を受けて帰ってきました!

また後程ウプします( ´∀`)


おやすみなたい
 ありがとうございました!!
2010年12月09日 (木) | 編集 |
The新潟スペシャルを
ご覧いただいた皆様


どうもありがとうございました!!


2010120820120000.jpg
会場としてお店を貸してくださった瀧寿司さんも
本当にどうもありがとうございました!!


2010120820210000.jpg
ゲストのWEEK副編集長の片山さんと新潟大学の田村教授
後ろにひょっこり顔を出しているのは山口ディレクター



番組終了後
「色紙書いていって~!」と
瀧寿司の店長さんがおっしゃったので


出演者4人み~んなで署名

2010120820290000.jpg
中央には後日、写真を貼ってくださるそうです



めったに見られないレアなサインがこちら!
2010120820290001.jpg
作家でもいらっしゃる田村先生のサイン!
初めて見ました






今回が今年最後の放送でした。
1年間振り返ればあっという間でした。。


反省も課題も目標もたくさんあります。

だからこそ来年もまた挑戦を続けたい。



4月からスタートした新しい番組を
応援してくださった新潟の皆様


心から感謝申し上げます。


本当にどうもありがとうございました


次回は1月19日(水)
「新潟Bごはん大作戦!」です





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。