スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 鯛車商店街 その②
2010年12月07日 (火) | 編集 |
まきの鯛車商店街は今!

まさに「鯛車」で町を盛り上げようと
動き始めていました


鯛車(たいぐるま)とはこちら
2010120611140001.jpg
かつてこの地域ではお盆になると
子供たちがこの中に灯りを入れて
引きながらお墓参りに行く光景がよく見られたそうです。


闇夜に浮かぶ鯛車のやわらかい灯り

さぞかし風流だったことでしょう。


郷土玩具だった鯛車を復活させようという
プロジェクトがきっかけとなり
2010120609440000.jpg
それなら商店街全体で盛り上がろうよ!と
「中心商店街復活プロジェクト」が立ち上がりました


もともとは各々で商売をしていた
11の商店街が一つになり
「まき鯛車商店街」という名前に

2010120609410001.jpg
商店街の真ん中にある寄り合い処にも鯛車ちゃん


よ~く見るとこんなところにも!
2010120613380000.jpg
マンホール鯛車ちゃんのデザインをした方は
ウルトラマンや仮面ライダー世代の玩具屋店主


2010120611210000.jpg
左から2番目の方が「ハシモト玩具店」主人。
「商売繁盛実行委員会」の皆様とともに


「商店街のための商店ではなく
    商店のための商店街であるべき」と橋本さん。


「シャッターが下りた店も増えているのは事実。
しかし、空き店舗を埋めるのではなく、
既存の店を磨いて輝かせていくことに力を注ぎたい


町興しを目指す時に
依存しては絶対にいけないもの3つ!!

①コンサルタント
②行政(補助金)
③イベント


ふむふむ。

これは確かに成功例、失敗例、
さまざまな商店街を取材してきましたが
その通りかもしれないなぁと
思わされる3項目でした


その他いろ~んなことをうかがって
長~いインタビューにも
情熱的に応えてくださった橋本さん

お仲間とともに

時としてウルトラマンのように強く
2010120611160000.jpg



時としてカネゴンのように稼ぎ
2010120611340000.jpg
まき鯛車商店街を元気にしてくださりそうな
エネルギーを感じてまいりました



橋本さんの店は
マニマニ垂涎のウルトラマン達が
大勢いらっしゃいました


この模様は1月の
「まちかど行ってみずほ」ラジオ版で


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ハシモト玩具店さん、楽しそうですね。
ウルトラマンの横に写っている帽子とメガネのおじさんは何のフィギュアかな?
気になります。
巻に行った時に寄ってみたいです。
2010/12/08(Wed) 08:08 | URL  | ドン #-[ 編集]
マンホールのフタかわいいですねぇ
今日もお疲れ様でした。
そして、新潟SPですね。
楽しみですよぉ
どこから生放送するのかなぁ?
絶対観ます!

2010/12/07(Tue) 23:28 | URL  | カワちゃん #-[ 編集]
今晩は。
「まき鯛車商店街」その①、その②読ませて頂きました。
町おこしは容易ではないと言うことにつきますね…e-351
以前に生意気な事を書いてしまいましたがe-447やはり根底には「少子高齢化」が一番問題ではないでしょうか?
何を伝えるにも、伝える後継者がいないとそれで終わりですよね…
この前三条の商店街に行きましたが、全体的に見るとまだ本当に元気ないように見えましたe-447

もしこちらの商店街が元気になられたなら、全国の商店街がお手本にして活気取り戻せたら良いですね…e-454
2010/12/07(Tue) 17:06 | URL  | 調理師金ちゃん #-[ 編集]
たしかに、地域興しは他力本願ではいけませんね。
コンサルタントは、あくまでもアドバイザー、こちらでどうやっていきたいかの意見がないと。
補助金は当面のもの、ずっとあてにしてはだめ。、
イベントっていっても、安易な客寄せ程度の一過性ではね。長期的計画性がないと。
こうやって書くのは簡単。実際行動するのは大変。それが大都市と違って、地方の地域興しの実情です。



おお、懐かしい、ウルトラQ、 カネゴン。
稼ぐというより、本当はお金の亡者になった人間の化身ですよ。


2010/12/07(Tue) 15:21 | URL  | 2トラ38 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。